二重になれる手術を受ける前に基礎知識を習得しよう│費用も格安

もう悩まない憧れの二重へ

美しくなりたい

女の人

現在の日本では、ぱっちり二重になれるような手術がとても人気です。費用も美容整形の中では非常にリーズナブルなので生活費に負担をかけてしまう心配もありません。一重まぶたで悩んでいるのであれば、この機会に目元の美容整形を受けてみるといいでしょう。コンプレックスを改善させることで自然と表情が明るくなるはずですし、様々なメイクも楽しめるようになります。それでは、二重手術にはどういった方法があるのか情報をみていきましょう。

まず、二重手術の中でも主流になっている埋没法から紹介します。それは、メスを通さずにまぶたの内側に穴をあけ、髪の毛よりも細くて頑丈な糸を留めるという方法です。仕上がりも自然ですし、もし仕上がりが理想通りにいかなかったという場合でも抜糸が可能なため、修正もできるのです。また、ダウンタイムが非常に短いという特徴があり、手術を受けた次の日が学校・仕事だとしても安心して受けられると言われています。しかし、二重をつくるために糸で留めるので、何か強い衝撃があった時は結び目がほどけてしまい元の一重まぶたに戻ってしまう可能性もあるということを頭に入れておきましょう。また、埋没法には適していないまぶたもあるようです。例えば、腫れぼったいまぶたに手術をすると二重のラインが薄くなるので二重効果を実感することができないかもしれません。あと、埋没法には1点留め2点留めなど、自分のなりたい目元のイメージや、まぶたの薄さなどに合わせて糸を留める数を選ばなければ、納得のいく仕上がりは難しいと言えます。費用もリーズナブルですし気軽に受けられる手術ではありますが、高い満足を得るためにもすぐに手術を受けるのではなく専門医と相談をすることが大切なのです。

その次に、半永久的に効果を持続することができる切開法について紹介していきます。切開法はまぶたにメスをしっかりと入れて、自分が理想に描いている二重ラインを作り上げる方法です。手術の際に、腫れぼったいまぶたの原因である余分な脂肪・皮膚・筋肉を取り除いてまぶたを薄くしてくれるので、とてもスッキリとしたまぶたにできるでしょう。切開法は、目を開ける力が弱い人やまぶたに厚みがあるため皮膚を折りたたむ力が弱い人に適していると言われています。ですが、切開法を受ける際に気を付けてほしいこととして、ダウンタイムの長さが挙げられます。埋没法は1週間弱で痛みや腫れは完全に引きますが、切開法だと手術後約1か月~3か月ほどかかってしまうようです。長い人だと1年かかってしまう人も少なくないと言われています。もし、手術を受けたことが知られたくないのであれば、長期休暇を利用するなどをして手術を行なうといいかもしれません。

誰もが憧れる魅力的な目元を手に入れて自分が抱えているコンプレックスを解消させましょう。これからの人生をより楽しく過ごせるはずです。二重手術を受けるときは、信頼と実績があるクリニックへ足を運んでまずはカウンセリングを受けるといいですね。カウンセリングでは、美容整形について専門のスタッフが丁寧に説明してくれるので不安を解消させて二重手術に挑めるでしょう。

メイクをもっと楽しむ

目元

腫れや痛みが無く、リーズナブルな費用で二重手術を受けられる埋没法がとても人気を得ているのです。どういった手術内容なのか受ける前にチェックしておくといいでしょう。

魅力的な目元をゲットする

ドクター

二重をつくるようなメイクを毎日行なうのは非常に大変です。二重をつくるアイテムはいつの間にか色素沈着を引き起こしたり、たるみを発生させてしまうのです。そのようなことを避けるためにも費用がリーズナブルだと話題になっている二重手術を受けましょう。

コンプレックスを改善

鏡を見る女性

人は目元で印象が大きく変わると言われています。自分の印象を良くするためにもぱっちりとした目元を二重手術で手に入れましょう。まずは費用の相場などを把握しておくとクリニックへ足を運びやすくなりますよ。