二重になれる手術を受ける前に基礎知識を習得しよう│費用も格安

婦人

魅力的な目元をゲットする

ドクター

毎日、二重をつくるようなメイクを施すのはとても大変です。二重をつくるようなアイテムを長期にわたって使っていくと、まぶたにたるみが出てきたり、色素沈着を引き起こしてしまうリスクがあります。そのようなことを避けるためにも思い切って美容整形を受けてみるといいかもしれません。二重になれる手術は費用もお手頃価格なので気軽に受けることができると言われていますが、受けるのであれば持続力があるほうがいいでしょう。近年では、二重まぶたを綺麗に維持できる切開法が高い注目を集めています。それは、これからもずっと二重瞼でいたいと思っている人にうってつけだと言われているのです。それでは、一体どういった二重手術方法なのか情報を見ていきましょう。

切開法とは、まぶた切開して腫れぼったいまぶたの原因である脂肪や皮膚を除去するという方法です。除去することで以前のような腫れぼったいまぶたをスッキリさせることができますし、縫合がしやすくなるので、とても自然でくっきりとした二重まぶたを作ることが可能になります。メスを通すので効果も半永久的に持続すると言われていますよ。

切開法にはたくさんの良さが実感できるはずですが、二重手術を受ける前に気を付ける点も頭に入れておくといいでしょう。まず、ダウンタイムが非常に長いという所が挙げられます。切開の位置や幅、除去する脂肪の量などによって腫れの度合いは異なってきますが、手術後2~3日はとても腫れてしまう傾向があるようです。そして、2週間ほど経てばメイクができるようになりますが、それでも多少は腫れがあるので、手術を受けたことが分からないようにしたいなら伊達メガネなどで目元を目立たないようにするといいかもしれません。大きな腫れは1か月ほどで引くと言われていますが、切開法の場合、二重が定着するまでに3か月~半年かかります。その間は、手術を受けた部分が不安定で、むくんでしまうケースもあるようです。その次に顔が洗えないという点も挙げられます。手術を受けて数日は傷跡を濡らしてはいけないので、お風呂や洗顔ができません。1週間後の抜糸までは手術した部分を濡らさないようにと伝えているクリニックが多いと言われているのです。なので、その期間を乗り越えるためにも対策をとっておきましょう。例えば、洗顔シートを使ってまぶた部分を避けながら拭いたり、シャンプーハットを使ってお風呂に入ったりなど、まぶたを絶対に濡らさないように工夫をすることが大切になってくるでしょう。あと、切開法は腫れぼったいまぶたに戻ることはありませんが、仕上がりが気に入らないという場合、元には戻せないので、手術を受けるなら信頼と実績がある美容クリニックで受けるといいでしょう。以前から、費用が格安で切開法を提供している所もあるようですが、失敗をしてしまうと修正手術が必要になってきます。その修正手術は費用がとても高いためさらに倍の費用を支払わなくてはなりません。それでは、生活費に負担がかかりますし、せっかく美しい手術を受けたのに逆効果になって気分が落ち込むでしょう。そのようなトラブルを避けるためにもしっかりと情報を調べておくといいですね。